ビットコインとは?の記事一覧 - 今からでも遅くない!ビットコインとは?

HOME » ビットコインとは?

ビットコインとは?

ビットコイン売買の注意点

今回はビットコイン売買における注意点について、いくつか説明をします。
まず注意点の一つとして挙げられるのが、ビットコインが持つ投機性の高さです。
ここ最近のビットコインの値動きを見れば分かるように、数日でとんでもない幅の値動きが生じています。
この値動きが利益の方に進んでくれれば問題無いのですが、逆に進むと大きく損をしてしまう恐れがあります。
そうならないようにするためには、一度に大きな金額を投資しないことが大事でしょう。
儲けを期待しすぎて、「全預金をビットコインに!」ということだけは絶対にしてはいけません。
≫ 『ビットコイン売買の注意点』

ビットコインのマイニングとは?

マイニングとは、ビットコインを新規発行する時に行う採掘作業のことです。
このマイニングは、ビットコインのネットワークを利用する参加者によって行われます。
管理する者がいないビットコインは、このネットワークの参加者全員のPCリソース上で、送金の誤りなどを自動的にチェックして修復しているのです。
チェックして、送金、2重払い、ビットコインの保有者などを確認し、不正のない取引データを記帳をしていくのです。
≫ 『ビットコインのマイニングとは?』

ビットコインには管理者が居ない!?

ビットコインと法定通貨の違いを説明する時によく出てくるのが、"管理者"という言葉です。
管理者というのは、ビットコインのやり取りを記載するデータを管理する者のこと。
円やドルなどの法定通貨でいうところの、銀行を意味しています。
ビットコインには、実はこの管理者というものが居ないというのが大きな特徴なわけです。
≫ 『ビットコインには管理者が居ない!?』

ビットコインと法定通貨の違い

ビットコインは国が発行している通貨ではありません。
特定の国が不安定になった時に、法定通貨の場合だと価値が崩れてしまい、資本が金に移るか他の法定通貨に移る動きが出ます。
ビットコインには、国が介入していないので、国の信用が崩れてもビットコインの信用が失われることはありません。
≫ 『ビットコインと法定通貨の違い』

ビットコインの仕組みを解説

ビットコインの取引はインターネット上で行い、ビットコインの革新的技術である分散型ネットワークを使用します。
実体のないビットコインは、ネットワーク上の参加者が、演算のためのリソースを提供してビットコインの仕組みを守っています。
ビットコインは、そもそも通貨ではなくデータだということをご存知でしょうか?
簡単にいうと、ビットコインをやり取りしている人たちは、データをやり取りしているということです。
このデータというものは、私たちの身近にあるもので言うと、台帳ノートが解りやすいかもしれません。
ビットコインというデータには、一つずつこの台帳が張り付けられて自動的に記帳され、やり取りされているものだと考えてください。
≫ 『ビットコインの仕組みを解説』