ビットコインには管理者が居ない!? - 今からでも遅くない!ビットコインとは?

HOME » ビットコインとは? » ビットコインには管理者が居ない!?

ビットコインには管理者が居ない!?

ビットコインと法定通貨の違いを説明する時によく出てくるのが、"管理者"という言葉です。
管理者というのは、ビットコインのやり取りを記載するデータを管理する者のこと。
円やドルなどの法定通貨でいうところの、銀行を意味しています。
ビットコインには、実はこの管理者というものが居ないというのが大きな特徴なわけです。

ビットコインの通貨機能を維持しているシステムのことを、P2Pネットワークといいます。
P2Pネットワークというのは、サーバーを持たない管理システムのことで、ビットコインに貢献するユーザー同士が管理し合う、分散型管理システムのことです。
ブロックチェーンともいわれますが、台帳データ同士をチェーンで結んでいき、一部で改ざん等が行われた時には、自動的に修正されていくという優れたシステム。
通常のサーバー型の中央管理システムと違い、ビットコインそのものをハッキングできない仕組みになっています。

そんなビットコインですが、我々が普段使っているお金とは決定的に違う点があります。
それは、国が流通量を管理することができないという点です。
例えば、私たちが使っている一万円札や千円札といった現金は、政府や日銀によって流通量を減らしたり増やしたりすることができますが、ビットコインにはこのような国の介入がありません。
発行上限も決められていて、現在のところはそれ以上の発行はしないことになっています。
国がビットコインを通貨だと認めない理由は、そういう流通コントロールの難しさがあるからだと考えられています。

さて、管理者が居ないというビットコインですが、本当に管理者が居なくて大丈夫なのでしょうか?
その結論をいうと「大丈夫」と言わざるを得ません。
なぜならビットコインを改ざんするには、世界中のネットワーク貢献者の半数がその改ざんに賛成しないといけないからです。
まずその規模の署名は集まらないでしょうし、誰がマイニング等で貢献者になっているかも判別が不可能でしょう。

ですから、ビットコイン自体には、鉄壁のセキュリティが備わっていると言っても過言ではないわけです。
ただし、ビットコインの取引所のセキュリティに関しては話が別です。
最近では、よく仮想通貨の流出事件がニュースになることがありますが、あれは、取引所のセキュリティがハッキングされたことを意味しています。
銀行のお金で例えると、金庫に泥棒が入って現金そのものが盗まれたということです。
これは、お金自体が燃やされたり破かれたりしたわけではありません。
ビットコインを仲介する取引所の金庫が破られたのだと考えて間違いないわけです。