ビットコインのマイニングとは? - 今からでも遅くない!ビットコインとは?

HOME » ビットコインとは? » ビットコインのマイニングとは?

ビットコインのマイニングとは?

マイニングとは、ビットコインを新規発行する時に行う採掘作業のことです。
このマイニングは、ビットコインのネットワークを利用する参加者によって行われます。
管理する者がいないビットコインは、このネットワークの参加者全員のPCリソース上で、送金の誤りなどを自動的にチェックして修復しているのです。
チェックして、送金、2重払い、ビットコインの保有者などを確認し、不正のない取引データを記帳をしていくのです。

これらの作業は、ネットワークの参加者がリソースを提供して自動的に行われていきます。
すなわち、ネットワークの参加者たちの協力によって、ビットコインは問題のない取引が出来るわけです。
リソースを提供して演算やブロック生成に協力した人には、無償でビットコインが提供されます。
ただ、最近ではマイニングも競争となってきていますので、電気代や設備投資などに多大な経費がかかります。
そのため、個人ではビットコインのマイニングに参加することは難しくなってきている現状です。

ビットコインを入手するには、マイニングよりも効率の良い方法があります。
それは取引所を経由して、ビットコインを購入する方法です。
ピットコインの取引所とは、ビットコインの売買を仲介してくれるところで、アカウント(口座)を開設することで、その口座に日本円を入金すればビットコインの売買が可能になります。
取引所では、ビットコインを日本円に換金するだけではなく、遠く離れた海外のウォレットに、ビットコインそのものを送金することもできます。
銀行手数料と比較して安価な手数料のビットコインは、今後も益々利用が拡大されていくことでしょう。

あと、ビットコインについて知るのであれば、ブロックチェーンの仕組みを外すことはできません。
ブロックチェーンとは、ビットコイン取引記録を保管しているブロックとそれを結ぶネットワークのことをいいます。
分散管理型台帳ネットワークとも呼ばれていて、一か所のサーバーで管理する中央管理システムに比べてセキュリティ効果が高い特長があります。
このブロックチェーンの高い性能が話題になったことで、ビットコインをマイニングする人が増えたと言っても過言ではありません。

現在のところ過熱した仮想通貨ブームに落ち着きが見られつつありますが、ビットコインを含むその他の仮想通貨の性能は、法定通貨の機能を凌駕するものです。
何せ仮想通貨は偽札が作れないというのは、画期的な発明だと言っても間違いありません。
今後は、ハードフォークなどもあり、色々な仮想通貨が誕生することが予想されます。
どの仮想通貨を手に入れるか?の目を肥やしていく必要があるでしょう。