ビットコインの仕組みを解説 - 今からでも遅くない!ビットコインとは?

HOME » ビットコインとは? » ビットコインの仕組みを解説

ビットコインの仕組みを解説

ビットコインの取引はインターネット上で行い、ビットコインの革新的技術である分散型ネットワークを使用します。
実体のないビットコインは、ネットワーク上の参加者が、演算のためのリソースを提供してビットコインの仕組みを守っています。
ビットコインは、そもそも通貨ではなくデータだということをご存知でしょうか?
簡単にいうと、ビットコインをやり取りしている人たちは、データをやり取りしているということです。
このデータというものは、私たちの身近にあるもので言うと、台帳ノートが解りやすいかもしれません。
ビットコインというデータには、一つずつこの台帳が張り付けられて自動的に記帳され、やり取りされているものだと考えてください。

まだまだ複雑ですね。
基本的には電子マネーに似た仕組みなのですが、電子マネーの"お金"という物は中央で管理されています。
この中央とは、金融機関にある巨大なサーバーのことを表していて、私たちが銀行間でお金のやり取りをすれば、このサーバーを経由して送ったり受け取ったりをするようになります。
しかし、ビットコインの場合は、この中央管理という概念がありません。
というか、むしろ必要が無いと言っても過言ではないシステムなわけです。
先ほど説明したように、ビットコインそのものに台帳が付属しているようなものなので、管理して記帳するサーバーが要らないわけなのです。

しかもこの台帳は、改ざんされてもネットワーク上で修復されるため、ビットコインが持つ通貨そのものの機能が、何者かによって操作されることがありません。
昔、中国の取引所に預けたビットコインが消失した事件がありましたが、あれば、ビットコインを保管する取引所のサーバーがハッキングされて盗まれただけのことです。
ビットコインそのものに改ざんの手が加わったわけではありません。

ビットコインは、取引されたデータをブロックチェーンに記録して、世界中のコンピュターがそれを管理しています。
ブロックチェーンは、外部からの侵入を防ぎ、取り引きデータの改ざんを防ぎます。
これがビットコインおよび仮想通貨のすごいところなのです。

あとは、利便性の高さもビットコイン特有のものです。
ビットコインを使って、海外サイトでの買い物や送金が、これまで以上に手軽にできるようになりました。
海外で買い物をするにはクレジットカード利用できますが、手数料が高いという難点がありましたが、ビットコインならほとんどゼロに近い手数料で決済ができます。

まだまだ値動きが激しく投機性が高いので、保有するのに安心感を持てませんが、今後値動きが落ち着いていけば、お金の代わりとして保管して手軽に使うといったことも安心してできるようになるでしょう。