ビットコインと法定通貨の違い - 今からでも遅くない!ビットコインとは?

HOME » ビットコインとは? » ビットコインと法定通貨の違い

ビットコインと法定通貨の違い

ビットコインは国が発行している通貨ではありません。
特定の国が不安定になった時に、法定通貨の場合だと価値が崩れてしまい、資本が金に移るか他の法定通貨に移る動きが出ます。
ビットコインには、国が介入していないので、国の信用が崩れてもビットコインの信用が失われることはありません。

法定通貨とビットコインは、通貨を発行する方法も違います。
法定通貨の場合は、日銀と政府がその時の経済状況を考慮して、市場に流通する貨幣を抑えたり増やしたりのコントロールができます。
しかし、ビットコインの場合は、そういう中央管理者が存在しておらず、発行数を増やすためにはマイニングという方法で採掘されるしかありません。
ビットコインは現段階では投機資金の流入が多い為に価格が安定していませんが、将来的に値動きが安定すれば、金融資産としての新たな地位を築くかもしれません。

何よりもすごいのが、ビットコインに使われているブロックチェーンの技術です。
ブロックチェーンというのは、分散型台帳システムと呼ばれるもの。
ビットコインは、このブロックチェーンのおかげで 現在の中央集権管理する集中型と違い、ハッキングなどの外部からの攻撃のリスクにほとんど影響を受けません。
ブロックチェーンのシステムにハッキングしてデータを改ざんするには、世界中にいるネットワーク参加者からの同意が必要になるため、事実上不可能なことです。
このように、セキュリティ面でも優れた性能を持つのが、ビットコインのような仮想通貨の凄いところだといえます。

送金に関しても法定通貨よりもビットコインの方が便利な仕組みです。
ビットコインは、IDを共有するウォレット間、もしくはビットコイン取引所を経由して即日送金のスピードで送り合う事が可能ですが、法定通貨は送金してから着金までに時間を要します。
海外送金手数料こそは、最近ではビットコインも値上がりしてきていますが、それでも銀行の海外送金よりかは大分安いです。
現在のところ1000円程度の差ですが、送金回数が増えるにつれてこの分のコスト負担の差は大きくなるでしょう。

ちなみにビットコインの海外送金手数料が値上がりしたのは、仮想通貨の人気によりマイニング量が増え、データの生成に時間がかかるようになったからです。
それに伴い送金の認証にも時間が掛かるようになりました。
他の仮想通貨に変えて別の作業所に送金すれば、そのデメリットを補えるかもしれません。
イーサリアム或いはライトコインに変換しての送金が有効でしょう。
仮想通貨は、生成スピードが段違いの新しいコインが次々誕生しています。
ビットコインやその他の仮想通貨に興味がある人は、この機会に調べてみるといいでしょう。